« ドイツ高速道路の「パンタグラフ付きトラックの実験開始」について | トップページ

2019年9月25日 (水)

ジェノバ高速道路・高架橋の崩落について

 昨年8月14日に崩落したジェノバ高速道路の再建に先立って、残されていた2径間の吊橋が、去る6月8日に白煙を上げて爆破された写真がロイター社から送られて来ました。この区間には3径間の高架橋が架けられるものと思われます。

Photo_20190923130701

   上掲写真の区間の再建計画について、ジェノバ出身の有名な建築家 レンゾ・ピアノ氏が描いた絵を今年1月最初のブログに、同市の市長さんが掲げておられました。

 ジェノバ高速道路の建設に、イタリアの高速道路会社が参加できるかどうか、不明な状況です。

 イタリアの高速道路会社は、従来、Autostrade per l'italia と呼ばれていましたが、現在は ブラジル、チリー、フランス、スペインなどの高速道路とも連立した Atlantia 社が総括しています。

20190925-135703
イタリアの道路状況について、中部以北の高速道路の地図に基づいて説明します。

「緑色」の484km区間は拡幅が完了済であることを示します。

「空色」の154km区間は拡幅工事が進めています。

「オレンジ色」の35kmは、フローレンスの南・北区間が完成間近です。

「赤色」の路線は、ジェノバ・バイパスの工事予定であることを示します。 

「紫色の点線」は、 Valdasutiko 自治体に伸びます。

「青色の点線」は、西海岸をローマに向けた計画路線です。

20190925-135827 

(追記)去る9月20日付けで、Atlantia と Autostrade の両者に対して、Standard & Poor's 社から、格付け証券、株価指数 等について、厳しい意見が発表され、各方面から注目されているようです。

« ドイツ高速道路の「パンタグラフ付きトラックの実験開始」について | トップページ

経済・政治・国際」カテゴリの記事

高速道路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドイツ高速道路の「パンタグラフ付きトラックの実験開始」について | トップページ