« ジェノバ高速道路・高架橋の崩落について | トップページ

2020年2月23日 (日)

イタリア高速道路の ”これからの動き” について

 イタリアの高速道路として、Autostrade SpA ( 自動車道路 株式会社)と呼ばれていた社名が、 2007年5月に Atlantia 社に改称されて以来、ローマ本社の門柱に、下記の標識が表示されていて、愛称としても使用されているようです。

Atlantia  今では Atlantia 社の動きも積極的で、フランス、イギリス、ポーランド、インド、アルゼンチン、ブラジル 等の高速道路が建設され、加えて、イタリア、フランスの空港の管理にも参加しているようです。

 今年の1月早々、ロイター通信社から Atlantia 社の高速道路に関する幾つかの問題が指摘されています。

 2018年に発生したジェノバの高架・高速道路の再建について Atlantia 社は、今後4年間の工事費として、40%の予算を計上しましたが、イタリア政府の外務大臣は、支持社が多い 5ツ星運動(5-Star Movement )の支援を受けていて、外務大臣と Atlantia 社との協議が、当分、続いている模様です。

 Atlantia 社の主力の株主である Benetton 一族から、イタリアの総理大臣に対して、Atlantia 社支援の要望が出されているとのことで、今後の動きが注目されます。

 

« ジェノバ高速道路・高架橋の崩落について | トップページ

経済・政治・国際」カテゴリの記事

高速道路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジェノバ高速道路・高架橋の崩落について | トップページ